アールテクニカ地下ガレージ

アールテクニカ株式会社の製品開発・研究開発・日々の活動です

iOSのOpenGLのdepricateに対する対応(cocos2d-x)

先日リリースされたiOS12から、OpenGLはdeprecateにされました。
OpenGL ESの非推奨化

OpenGLを利用しているゲーム・アプリは、Metalに対応せざると得ません。
cocos2d-x などで単純なスプライトやパーティクルの表示しかしていない場合に、なるべく簡単に移植を済ませるにはどうしたら良いでしょうか?

続きを読む

RealSense D415/D435のデバイス情報を取得する

Author

中村@アールテクニカ

Intel RealSense SDK ver 2に含まれるサンプルコードにはデバイス情報の取得やパラメータの変更についてのコードはありません。
RealSense Viewerのソースコードにこれらの情報を取得している箇所がありますが、全体のコード量が大きいのでこの辺りの処理を簡潔にまとめたいと思います。

続きを読む

VRWorks 360 Video SDK in Windows

Author

羽田

「VRWorks 360 Video SDK」とは nVidia からリリースされているVRコンテンツ開発者向け支援ライブラリで、360度撮影できるVRカメラからの映像をスティッチ(つなぎ合わせて)1つにまとめた映像を生成してくれます。
実際にVRカメラを使ってみたレポートです。

続きを読む

M5Stackを試す2 (環境構築編)

前回は、M5Stackとはどんなものなのかに触れました。今回は、その開発環境についてまとめてみます。

f:id:atkoide:20180525181038j:plain 

M5StackのコアはESP32というSOCなので、開発環境も他のESP32ボードと同じです。代表的なものは、ArduinoとMicroPythonです。ESP32専用のものとしてESP-IDFがありますが、やや上級者向けで、ツールチェーンと言えるものです。今回はこれら代表的な環境について取り上げます。また、M5Stackを汎用のESP32ボードとしてセットアップするより、M5stack用として公開されているものを使うほうが断然便利ですので、その説明がメインです。M5Stack専用の独自な開発環境も開発が進んでいますが、それらはどちらかというと(今のところは)教育用途と捉えたほうがよさそうです。

続きを読む

M5Stackを試す1 (はじめに)

M5Stackというプロトタイピング環境がMakerの間で人気です。
ArduinoやRaspberry Piのような基板むき出しのボードでなく、ケースに入ったモジュールでありながら拡張性は失われていないのが特徴です。コアにWifi、Bluetooth機能を搭載したESP32というSOCを使っているためIoT向けな構成となっているうえに、ディスプレイやボタンも搭載されており、プログラミングだけですぐに何かを作れる気軽さも人気の秘密かもしれません。中国・深センのスタートアップにより開発されているのですが、日本の人気がずば抜けて高いそうです。この人気のM5Stackを何回かに分けて取り上げてみます。

f:id:atkoide:20180531182842j:plain

続きを読む

スポンサーリンク