読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アールテクニカ地下ガレージ

アールテクニカ株式会社の製品開発・研究開発・日々の活動です

Raspberry Piで利用できる軽量Linuxを試す

Author

コイデマサヒロ

Raspberry Pi で利用できる軽量なLinuxディストリビューションを紹介します。

標準のRaspbianには、さまざまなソフトがプリインストールされています。それらを全て使うわけではありませんので、SDカードの容量を無駄に食われてしまい勿体無いです。特定の用途のためにRaspberry Piを使うことを考えている場合など、自分なりの設定が必要なケースなどでは、できるだけピュアな環境のほうが都合が良いこともあります。

そこで今回は、

  1. Linux系OS
  2. 初期状態でミニマムな構成のディストリビューション。
  3. 基本はデスクトップ環境での利用。

という観点で4つほどディストリビューションを選んでみました。

実際には、多くの部分を自分でセットアップする必要があるため大変なところもありますが、慣れてくると自分の使いやすい環境を構築できるため、かえって使いやすい場合も多いでしょう。是非試してみて下さい。尚、とにかくSDカードの空き容量を増やしたいという場合は、標準Rasbianをインストールして不要なものをアンインストールする方が良いです。

続きを読む

C++11をベターC++として使おう!

Author

中村@アールテクニカ

アールテクニカの中村です。

基本はC言語の文法でコーディングし、C++のクラスやテンプレートなどの難しい機能は使わず、行単位のコメント、ブロック内の自由な位置で変数宣言、関数のデフォルト引数などC++の便利な機能だけを使うことを「ベターC」と言ったりします。
C++の新規格であるC++11では、ラムダ式やマルチスレッド、正規表現も標準化されていますが、それ以外にもコーディングを楽にするための機能がいくつも追加されています。"ベターC++"として使えそうな新機能のうちいくつかを使ってみましょう。

続きを読む

Resolume OSC Address List


Author

Tobetchi

I made a list of OSC(OpenSound Control) addresses that available on Resolume.

続きを読む

Raspberry Pi 3でI2S接続のオーディオインタフェースを試す(2:Audio Injector編)

Author

コイデマサヒロ

Raspberry Piで使えるI2C接続のオーディオカードのシリーズ2回目です。前回は、MM-5102を試してI2S接続のオーディオデバイスだとノーマルカーネルであってもレイテンシーが抑えることができることがわかりました。出回っているI2S接続のオーディオデバイスの殆どがリスニング向けの再生用途であるため、オーディオ入力が付いていません。せめて2In -2Outのデバイスがほしいところです。

いろいろ探してみたところAudio Injector というデバイスをみつけ入手してみました。今回は、このAudio Injectorを試してみます。

f:id:atkoide:20161102213724j:plain

続きを読む

Raspberry Pi 3でI2S接続のオーディオインタフェースを試す(1:基本+MM-5102編)

Author

コイデマサヒロ

今までRaspbberry Pi ではUSB接続のオーディオインタフェースを使っていました。ピュアオーディオファンの間では、USB接続のオーディオインタフェースは使わずI2S接続のオーディオカードの方が普通です。ハイレゾがスタンダードな世界ですので、I2Sの方が高音質が望めるということであろうというのは簡単に想像が付きます。他にもメリットはあるのでしょうか?音楽制作等でも利用できる可能性があるかもしれません。実際に試してみました。

続きを読む

「おこ助Community」を使い映像に字幕を付与する

Author

カムラ

今回は前回の記事で紹介した、映像への字幕付与ツール「おこ助Community」をつかってみました。

メディア・アクセス・サポートセンターの公式サイトより無償配布しているおこ助Community(以下、おこ助)。
映像への字幕付与ツールとしてどのようなものになっているのか調べてみました。

続きを読む

スポンサーリンク